玄もち麦の栄養効果

もち麦はダイエット食や美容食として人気があり、プチプチした食感と薫り高い風味が特徴です。もち麦で最も注目すべき点は、もち麦の食物繊維の大部分を占めている「β(ベータ)-グルカン」という粘りの強い成分です。この成分はキノコや酵母にも含まれ、同じ大麦ならうるち麦よりもち麦のほうがより多く含まれています。β-グルカンは、胃や腸の中で他の食べ物と混ざり合い、脂質や糖質の消化吸収を抑えるはたらきを持っています。

    gennmotimurigohann.jpg 

食物繊維、ミネラルを豊富に含むため、お腹すっきりに大変役立ちます。

体内に溜まった添加物などの老廃物を排出してくれる効果も期待できます。


JAS有機栽培とは!?

有機栽培米(JAS認定)は、お米を栽培するときに、JAS有機栽培マーク.jpg農薬や化学肥料を一切使用しないだけでなく、それらを使用しなくなってから3年以上経過した田んぼで育ったお米です。
有機食品のJAS規格に適合した生産がおこなわれていることを登録認定機関が検査し、その結果、認定されたものだけが、JAS認定マークを貼ることができます。



      gennmotimugi.jpg

          有機栽培 玄もち麦

        300g(税込)630



syoppinngu.jpg





玄もち麦と美味しい炊き方とおすすめ料理

<炊き方>
1.お米1合を洗い、いつもと同じように炊飯器の目盛りに合わせて水加減します。
2.もち麦の配合の目安を目安にもち麦と水を加えます。
もち麦は洗わないでください。
3.軽くかき混ぜてから炊飯してください。

浸漬させたもち麦を30分ほど茹でて、サラダや和え物などのお料理にまぜてもOK!


おすすめ料理

motimugiressipi.jpg


そのまま食べても美味しくいただけます。チャーハン

にしたりおにぎりにしたりしてもおすすめです。もち麦を湯でてサラダにしたりして食べていただけると写真映えします