有機栽培 押しもち麦

テレビなどで話題のもち麦

   osimotimugitakitate.jpg

「押し麦」は、そんな大麦(うるち性)を平たく加工したもの。
麦そのままでは水分を吸いにくく消化もしづらいため、精麦したあとに蒸気で加熱して柔らかくし、ローラーで押しつぶして平たくします。こうすることで水分をしっかり吸えるようになり、消化もしやすくなるのです。
白米と一緒に炊くと独特のぷちっとした食感を楽しめ、大麦ならではの栄養をいつものご飯で気軽に補えるようになります。

 

   osimotimugi.jpg

    有機栽培 押もち麦
     300g 630

 

もち麦のおすすめ理由

1.もち麦(大麦)には、内臓脂肪やコレステロールを減少させて
メタボリックシンドロームを改善する効果があることがわかってきています。

2.穀類の中でも特に食物繊維が豊富で、その量はさつまいもやごぼうにも負けません。

3.もち麦は粘りのあるβグルカンを多く含んでいるため、時間をかけてゆっくり消化されます。
血液中の糖の量が増えすぎず、多すぎた糖を脂肪としてためこまなくてすむため、肥満を抑制することができる

4.もち麦を食べると、次の食事でも血糖値の上昇を抑える
「セカンドミール効果」があり糖尿病の予防にも期待できるそうです。


JAS有機栽培とは!?

有機栽培米(JAS認定)は、お米を栽培するときに、JAS有機栽培マーク.jpg農薬や化学肥料を一切使用しないだけでなく、それらを使用しなくなってから3年以上経過した田んぼで育ったお米です。
有機食品のJAS規格に適合した生産がおこなわれていることを登録認定機関が検査し、その結果、認定されたものだけが、JAS認定マークを貼ることができます。


 

syoppinngu.jpg





押もち麦の炊き方とおすすめ料理

<炊き方>
1.お米1合を洗い、いつもと同じように炊飯器の目盛りに合わせて水加減します。
2.もち麦の配合の目安を目安にもち麦と水を加えます。
もち麦は洗わないでください。
3.軽くかき混ぜてから炊飯してください。

浸漬させたもち麦を30分ほど茹でて、サラダや和え物などのお料理にまぜてもOK!


おすすめ料理

そのまま食べていただいてもプチプチ食感がmotimugiressipi.jpg楽しめて美味しくいただけます。チャーハンやサラダやチーズリゾットにしたりカレーライスなどでも美味しくいただけます。