長野県産五郎兵衛米こしひかり

長野県の清水さんが育てた
「長野県産五郎兵衛米」


魚沼産コシヒカリ以上とも言われるそのおいしさから全国ブランドになっても良いものなのですが、 その希少さゆえに全国に流通することは少なく、「幻のお米」とも呼ばれてます。

takitatemai.jpg



長野県産五郎兵衛米の特徴


やわらかさ :★★★★☆
ツ    ヤ:★★★★★

粘    り:★★★★★           
香    り:★★★★★

 農薬・化学肥料一切不使用で育てたお米です。
五郎兵衛米は、「魚沼産コシヒカリを凌ぐ」とも言われ、多くの高級料亭で使われています。五郎兵衛米の最大の魅力は、粘りの強さと米の甘みです。


おすすめ献立メニュー

omusubi.jpg

おむすび

お弁当

五郎兵衛米、人気の理由は、粘りの強さと米の甘み
一粒一粒がしっかりとして粘りがあり、噛むほどに口の中に甘みが広がる。冷めても美味しいから、お弁当やおにぎりにしても喜ばれる

 

生産者の一言

長野県佐久市は、小さな村の僅か400haの田んぼで「魚沼産コシヒカリを凌ぐ」とも言われる、美味しいお米が作られています。。

ここ佐久市の平均寿命は日本でもトップレベル。男性の寿命は日本一。それはある研究によると水がいいからだとか・・。清流は、蓼科山より五郎兵衛用水を経て流れくる。この清流が人も自然もお米も育くんでいるのだ。

蓼科山より清流を運ぶ五郎兵衛用水は江戸時代、市川五朗兵衛という人物が、私財を投じて苦労のすえ作った。 そうして開鑿に着手し、以来ここで取れるお米を五郎兵衛米と呼ぶようになったという。

五郎兵衛米は、「魚沼産コシヒカリを凌ぐ」とも言われ、多くの高級料亭で使われている。 また、TV番組のニュースキャスターが、試食して「日本一うまい」と唸った逸話があり、いちやく全国的に知られることに。

しかし、旧浅科村は長野県内でも小さな村。
僅か400haの栽培面積しかない上、米の生産量も少なく、滅多に市場に流通しないため、五郎兵衛米はまさに幻の米と言われています。

 

1kg (税込)698


syoppinngu.jpg